不動産売却後の税金の支払い

18年01月04日

家家を売る場合には、その売買金額によって、売った後に対応しなければいけない所得税の金額が変動します
また、誰から購入するかによっても、消費税が課税されるかどうかが決定されます。
課税対象についての知識がないまま、家の売買契約を締結してしまうと、何がなんだか分からないまま、後から税金の支払い義務が生じることが発覚し、予期せぬ課税となることがあります。
マイホームを売るということは、相当額のお金の取引となる為、少しの知識の有無によって、大きく流れが変わってしまうことも有りえます。全てを不動産会社任せ、人任せにするのではなく、ご自身の持ち物として、家を売るということはどういうことなのか、売ることにより発生する費用、売った後にかかってくる税金についてもしっかり事前に勉強しておいて、いざというときにきちんと対応できるようにしておかなければいけません。

土地、建物等の不動産の中でも、家を売るという場合には、税金について様々な計算方法、特例措置というものが用意されています。(関連:家・マンション売却時の税金の仕組みを知って税金の払い過ぎを防ぐ
知ると知らないでは、対応が全く違ってきます。売却前に必ず知っておかなければいけない知識ですので、税金の仕組みについて、本やネットで調べておくようにしましょう。