家を売るとかかる税金

18年01月01日

お金家を売る計画をされている方の中には、家が売れてしまえば大きなお金が全て自分の財産として使うことができると勘違いされている方もいますが、家を含め、土地や借地権を売ることで、所得が生じます。
これを譲渡所得と言いますが、実はこの譲渡所得は課税対象となっており、また、所得税以外にも、建物の売却には消費税が課税されますので、家を売るということは、とても慎重に計画する必要があります。
後に大きな税金が課税されることがありますので、慎重に対応するようにしてください。家や土地を売ることで発生する、所得税と消費税について、必要な知識ですので、不動産会社に丸投げをしたりするのではなく、自分の頭で考えることができるよう、詳しく理解しておくと良いでしょう。

建物や土地を売った時に得た利益について譲渡所得と表現します。譲渡所得の計算方法とは、「不動産を売った額から取得費と譲渡費用を引いた額」となり、所得費とは、仲介手数料を含む不動産の購入代金から、建物の減価償却費を差し引いた金額となります。
所得費について、不動産の購入代金と勘違いされがちですが、実際は上記のような算式になりますので注意しましょう。そして、算出された譲渡所得が、所得税の課税対象となります。
ただし、この減価償却が進んでしまった場合には、計算の仕方によって譲渡所得が発生することがあります。正確な所得費を出せるようにする為にも、書類などはきちんと保管しておきましょう。では、税金の支払いについて説明します。